ギニア支援

ホーム>わたしたちについて>ギニア支援

NGO GOODEARTH

特定非営利活動法人
 
NGO GOODEARTH

ギニアにおける製氷・販売事業

NGO GOODEARTH
西アフリカのギニアは世界の最貧国と位置づけられ、5歳児未満の死亡率(U5MR)も非常に高い水準となっており、その背景には生活インフラの整備が進んでいないことが挙げられます。
 
ギニアの死亡原因の第2位は「下痢」。
 
不衛生な水や食物を摂取せざるをえないことから、多くの人が命を落としているのです。食物を保存できないので、食べ物が腐る。不衛生な食生活で、体力のない子供たちの命が奪われる。人々の生きる希望が断たれ、政治や経済の混乱に拍車がかかる―。
 
そんなインフラが整備できていないが故の負の連鎖に一石を投じるべくスタートしたのがギニアにおける製氷・販売事業です。
NGO GOODEARTH
生活シーンへの氷の供給によりインフラの充実、生活の向上、死亡率の低下に寄与する。さらには、豊かな海洋資源の活用など食品全般にかかわる事業展開や、人口300万を超えるギニアの首都コナクリで、販売網の確立を通じた雇用創出を目指す、GOODEARTHの理念を体現する事業です。
 
2011年に現地調査を開始し、ギニア初の日系企業である 株式会社B&Fを設立。製氷工場の用地取得や建設を進め、工場の完成、そして販売開始へとこぎつけました。
 
現在、製品のさらなる安定的な供給と販売ネットワークの拡充を目指しています。

女性の専門学校を2年間支援

NGO GOODEARTH
 
NGO GOODEARTH
途上国における貧困の最大の被害者は女性と子供です。
 
GOODEARTHはギニア共和國において就学の機会を失った女性に光をあて、仕事ができるスキルを身につける為の2年間の就学支援を行いました。
 
卒業した女性たちは全員ではありませんが、仕事の機会を得る事でき人生の選択を行えるようになりました。

ホーム>わたしたちについて>ギニア支援