採用情報

ホーム>採用情報

 

募集要項

 
 募集の背景
 いつも通る道路や橋、街に潤いや豊かさをもたらす河川。
 私たち東海産業は、創業から半世紀以上にわたり、そうしたインフラの整備に携わってきました。
 その実績に評価をいただき、公共事業を中心に事業展開するなか、部門強化のため、技術スタッフを増員募集します。

 有資格者・現場経験者で、即戦力となってくれる方はもちろん、地域社会に貢献したいという未経験者も歓迎します!

 求める人材
 1.普通作業員

 2.重機オペレーター

 3.現場代理人

 職務の内容
 1.人力による掘削作業等です。機械や工具を用いた作業(要資格)もあります。道路維持業務に係る草刈等もあります。

 2.重機運転です。バックホウ(0.2~1.6級)ブルドーザー(7~60t級)タイヤショベル、グレーダーによる除雪、排雪及び自社整備工場での整備業務もあります。

 3.施工管理(安全管理、工程管理、品質管理、原価管理)を行います。作業指示、写真撮影や書類の作成、測量等も行います。

 資格等

 ※必須ではありません

 1.建設関係技能講習(型枠・足場・地山土止・車輛系・玉掛等)

 2.建設機械施工技士(1級、2級)

 3.土木施工管理技士(1級、2級)

 ★入社後の取得を積極的に推進、全面的に支援します★

 勤務時間
 1.8:00〜17:00(うち休憩60分)
   1ヵ月単位の変形労働時間制(週平均40時間以内)

 2.8:30〜17:30(うち休憩60分)
   1年単位の変形労働時間制(週平均40時間以内)

 3.8:30〜17:30(うち休憩60分)
   1年単位の変形労働時間制(週平均40時間以内)

 給与
 1.日給:10,000~13,600(プラス時間外手当)

 2.月給:200,000~360,000円(固定残業代を含む)
   ※固定残業代は50時間分の50,000円を含む
   ※時間超過分は追加支給

 3.月給:194,000~400,000円

 昇給
 あり

 賞与
 1.なし

 2.あり

 3.あり

 諸手当
 決算手当、燃料手当

 休日・休暇
 日曜日 祝日 その他(休日カレンダーによる)

 加入保険
 社会保険 厚生年金 雇用保険 労災保険

 福利厚生
 1.ヘルメット貸与

 2.作業服、ヘルメット、安全靴貸与

 3.作業服、ヘルメット、安全靴貸与

 応募方法
 顔写真付履歴書を次の連絡先まで郵送またはメールしてください。
 〒070-0023 北海道旭川市東3条6丁目1番36号
 TEL:0166-24-4111 人事担当:池田、山根
 E-mail:info@tokai-gp.com
 ※応募の秘密厳守いたします。
 ※応募頂く個人情報は採用業務のみに利用し、他の目的での利用や第三者への譲渡・開示することはありません。

 応募受付後の連絡
 書類選考の結果は応募者全員に電話またはメールにてご連絡いたします。

 採用プロセス
 ▼書類選考
 お送りいただいた履歴書をもとに書類選考いたします。
 選考後、今後の面接日程等については追ってご連絡いたします。
 面接の希望日時等がある方は、ご相談下さい。

 ▼面接
 当社での展望や意欲などを、ぜひアピールしてください!

 ▼内定
 入社日はご相談に応じます。在職中の方も気兼ねなく応募してください!


会社・仕事の魅力
 

土木で培った基盤を守りつつ、新たな取り組みも推進 

当社は今年で創業から52年。
地元・旭川に根づき、上川管内を中心に多くの実績を積み上げてきたと同時に、安定的なこの基盤を守りつつ、新たな取り組みも進めています。
 
その一つが、海外からの技能実習生の受け入れです。
現在、モンゴルから4名とベトナムから4名の計8名が、現場で活躍しており一生懸命技術を学んでくれています。
更に外国人労働者の採用も実現しました。
現在、モンゴルから1名とベトナムから1名の計2名が、未来の現場代理人として期待されています。
その姿に社員も刺激を受けるとともに、彼らの故郷を視察するなど国際交流も実施しております。
 
もう一つは、栄養価が高く美容や健康に効果が期待されているシーベリーの栽培。
自社の遊休地を活用し、数種類を栽培し、試行錯誤を重ねながら、安定して実をつけるようになってきました。
並行して、シーベリーによる商品の開発も進めているところで、土木にこだわらない新規事業に、さらに目を向けていく予定です。
 
創業52年の老舗企業ですが、枠にとらわれず常に新たな視野で事業展開中です!


社員インタビュー
取締役 土木部長 渡辺善勝さん

常務取締役 渡辺 善勝さん(入社31年目)

 現在、ビジネス・コンサルタントを交えて「クレド」(社員が心がける会社の信条や経営理念)を作成中です。
ただし経営陣がまとめるのではなく、社員全員が集まり、自由に意見を出し合いながら、どんな会社であるべきかについて討論しています。
普段はそれぞれ現場に出ていますが、常に全員の意志を統一させることで会社の結束力を高めると同時に、発注者へのサービスを向上させ事業の安定的な継続を図っていきます。